法廷での素行調査の理由(採録テープの実例)

"素行調査(不貞選定)において、裁判では不倫仕業を複数回以上なければ離別要因にあたらない結果、勝訴することが難しくなってきます。
勝つためには、拠り所を揃えなければなりません。手出し調査の拠り所を押さえる為には、旅館へ入って行く撮影やビデオテープがあればいいのですがなかなか早々に撮れるものではありません。

 

テープレコーダーやボイスレコーダーを忍ばせて浮気の舞台を削るには、バッテリー切れや忍ばせたレコーダーを気づかれないことが要素となってきますので、こちらも難しいと思います。

 

しかし、録音テープを確証とするには、案外使いやすい不倫調査の方法であると思います。実に不倫ライバルが分れば、自身で言い出しに向かい録音しておいたり、自身の嫁の課題を録音しておくテクだ。

 

しかし、これには注意が必要につながる。仮に、あながレコーディングテープを忍ばせて相手に気づかれないようにレコーディングしていて拠り所として法廷で提出したとください。そこで、客が脅されて、実質と無関係なことをしゃべったと供述すると、何とか実質とは、違うとしても拠り所としては情けないタイプとなり、ようやっと用意した拠り所が決定的なタイプとは認められません。ですから伝達を作る際に、レコーディングテープにあなたがレコーディングやることを相手に伝えた上で録りましょう。そうすれば一番拠り所となるでしょう。法廷ではそのほかにレコーディング認証を字に起した反訳書が必要になります。ショップでもかまいませんが、相談して要る弁護士に申し込むことも可能です。"